大規模なチェーン店や会員制などを設ける飲食、量販店などでは、お客様感謝際と称した特需をよく行います。会員様限定でダイレクトメールを送り、それを持参して買い物もしくは食べにきてくれたお客へ割引などを受けてもらい、飛び込みのお客もそこに巻き込んでいったり、ついでに何か購入していってもらおうという商法です。しかし、そのダイレクトメールの数は扱う企業が大きければ大きいほど膨大な部数となります。その部数は専用の業者にお願いしなければならないほどで、また費用もかかります。よくかけたのは印刷代だけでしょうと言われる方も多くおられますが、膨大な部数のダイレクトメールを印刷する費用は計り知れませんし、さらにそれを持参してもらえた人には割引をしていくわけなので、費用に換算すればかなりの太っ腹キャンペーンとなります。

ダイレクトメールを印刷してもらう

ダイレクトメールの作成は、自社で行うところもありますが、大量に印刷をするときには業者に依頼をしたほうが安く済ます。特に、圧着はがきを使用する場合には、面倒なこともあり業者に依頼をしたほうが早く完成させることができます。料金に関しては印刷をする部数によって異なりますが、1万部など大量に依頼をすることによって単価を抑えられます。そして、専門業者に依頼をすることでデータ入稿などを入れても一週間で完了できるところもあります。出来れば、期間をゆとりをもって依頼をすることが必要ですが、急いでいる場合でも一週間ほどで投函まで行ってもらうことも可能です。そして、テンプレートも用意されていることがそれに当てはめて依頼をすることでスムーズに印刷を進めることができます。そして、データ入稿もメールやFAXなどでスピーディーに行うことができます。

ダイレクトメールを印刷する時は綺麗さが重要

ダイレクトメールは、宣伝効果がありますので、お店や企業にとっては必要になってきます。そこで、多く作成するためには、印刷していく事になりますけど、その時に綺麗さが重要になってきます。いくら内容が素晴らしいものであっても、印刷の出来栄えがあまり良くないと、文字が見えにくかったり、写真などが分かりづらい事があります。そうなると、内容をしっかりと把握できなかったり、綺麗でないから目を通さない人も多くなってきますので、せっかくダイレクトメールを作成しても効果が半減してしまう可能性があります。そこで、優秀な印刷機を購入して、綺麗に仕上がるように工夫していきます。もちろん、カラーの方が見やすいですので、カラー性能があるものを購入する必要があります。綺麗に仕上がれば、見てくれる人も多くなって、宣伝効果が上がります。